子供が学校に行けて、学力・運動能力が向上する

当院には小学生から高校生のお子さんが来院されています。

多くは朝起きれない、学校にいけない、学校には何とか行っているけど無気力で心配というお子さんです。

そのようなお子さんたちの多くは「怠けたい」なんて思っていませんし、イジメにもあっていません。

フツーに、学校に行きたいのです。勉強したいのです。

でも出来ません。自分でも分からない。

普通の親御さんはその理由や解答、解決方法を知りません。

まあ、大体は親御さんや周囲の大人の教育方法に問題がありますが、大人は巧妙にそれを見て見ぬふりします。

「この子はダメな子だ」と烙印をおして、責任のがれをします。

で、親御さんや大人を責めても解決しないので、当院ではとりあえず、お子さんの身体や心を診て、改善すべきことに着手します。

肉体の問題なのか?精神的な問題なのか?

大体が、ぐちゃぐちゃに絡まった糸玉のように関連しあってます。「これだけを改善すればOK」という訳ではありません。

肉体なら肉体の問題を、心や意識、精神なら、その適切な取り扱い方、物事の考え方をアドバイスします。

そうすると、学校がいけるだけではなく、勉強や運動への集中力が増し、結果がついてきます。そうすると学校が面白くなり、休むことが余計にへります。

お子さんのほうが大人よりも素直なので、改善が早いケースが多いのです。

その姿をみて「私も・・・」と、親御さん自身が患者さんになられることも良くあります。

お子さんというものは、どうしても周囲や大人に振り回され、環境に左右されやすいものです。

良い環境なら結構ですが、抑圧的な大人が多いと、疲弊してしまいます。

私の施術では、そういった不要な抑圧を取り除き、お子さん本来のポテンシャルを引き出すだけです。

でもそれだけで、劇的に症状や状態が改善するものなのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

早くみんなで楽になれば良いだけ(・∀・)