お医者さんも「腰痛は85%原因わかんねー」と言ってた。

7月4日放送の「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」を見ました。

今回は「医者ぶっちゃけSP★病気の常識を覆す!!医者(秘)本音も告白」というテーマです(長いねー)。

そのなかで、名医といわれるあるお医者さんが腰痛について

「腰痛の85%は原因不明です」と言ってました。画像診断しても、骨や筋肉に問題が出ないんですねー。

あと「ストレスも関係している場合があります」とのこと。

最近はテレビでも頻繁にこのことが放送されていますので、知っている方も多いと思います。

みんな腰痛に悩んでる

このブログでも腰痛を扱った記事が人気です。

「腰痛の原因はこの筋肉だけ!」という記事を読んでみた

多分、皆さん腰痛で悩まれていらっしゃるんですよね・・・。

それなので

「ここを揉めばOK」「これを食べれば治る」という記事は魅力的ですよね・・・。

でもですね、現実は

そんなに甘くない。

長いあいだ放置し、薬で紛らわせてきた腰痛は「ここを揉めばあら不思議!治りました~」なんて単純なものではありません。

腰痛はそもそも「結果論」です。

体か心のどこか(あるいはそれ以外の何かに)に、長年腰痛を引き起こしてきた原因があります。

それが骨なのか筋肉なのか。

ストレスなのか。

自分の生活習慣なのか、痛みに対する脳の認識の問題なのか。

そして、それらがごちゃまぜになった場合

1回2回の施術で良くなるわけがない Ψ(`▽´)Ψ

でも、「そーいう安易な回答を求めるヒト」に限って、きちんと治そうとしない Ψ(`▽´)Ψ

お金や時間がないと言い訳してごまかして、2-3回通ってこなくなる Ψ(`▽´)Ψ

それで「アソコの先生は下手だから」と言い訳して、自分の生活習慣はまったく変えず、腰痛は続く・・・ Ψ(`▽´)Ψ

まあ、それ、自分で選んだ道ですよね。

そういう患者さんは、一生言い訳しながら治そうと努力しないで、腰痛とお付き合いしてください。

長年放置した、慢性化した症状というのは、いっっっろんな原因がごちゃまぜになってます。

骨も筋肉も神経も血管も自律神経も血液もリンパ液も

脳や神経回路や感覚・脳の認知や、体の構造・力学的な問題

心、感情やストレスや

チャクラとか経絡とかエネルギーとか

そういう、多面的に施術できないと、慢性症状は本当の意味で歯が立ちません。

ちゃんと治したいと思う人は、多面的に物事見れる先生のところに行ってくださいね。

骨や関節だけで腰痛を治療するのはナンセンスだと、ほかでもないお医者さん自身が言っているのですから。