腎臓をほめる日々

先日、勉強会にいってきたら講師の先生に体をみていただく機会を得る。

んで、いま私の不調(自覚症状はなし)の根っことして

「腎臓」

を挙げられる。

「あー、やられてるねー(笑)」と、笑顔で言われる(笑)(笑)(笑)

で、オステオパシーでいう内臓施療の考えでいくと

腎臓の自動力やエネルギーがおちている感じかなと。

腎臓に関係する感情は「恐怖」「不安」。

それらでジワジワ痛めつけていた自覚……アリ。

ということで、いま腎臓を甘やかしたり褒めたりしてます。

東洋医学でいうところの「腎」とも関係していると思うので

ここは大切にしないとねー。

「腎」はエネルギーを作るところなので、大事なんだべさー。