白魔法をかけたいか、黒魔法を使いたいか。

体の調子わるい、精神的にしんどいという状態から抜けられない人は

「自分はラクなほうへ向かって行動してるか?」

と考えてみると良い。

・イヤな人間は切る
・見たくないメッセージは見ない
・不安になるニュースは見ない
・「ありがとう」など、良い言葉を言う。不安や悩みに思考回路を使わせない。
・自分が好きな事をする
・他人にどう思われるか気にしない。

以上が「行動」ね。

で、さいきん

「ありがとう」「感謝します」といった呟くことは

自分を改善するのにとっても効果が高くてビックリしている。

呟いていると、不安や他人について、思考回路をつかわなくなるからだと思う。

イヤな人・モノ・事に脳をつかうと、その分消耗したりストレスうけたりエネルギー吸い取られるから。

好きな事をするのが一番だけど、それが分からない・できない人は、とりあえず小声でいいから良い言葉を呟くと、脳が摩耗しない。奪われない。

良い言葉はなんでもいいけど、代表的なのは
・ありがとう
・感謝します
・愛してる
・ラッキー、ついてる
なんてやつ。

金運や人間関係悪い人は
・私は愛されている
・私は金運がいい
・私はラッキー体質
・好きな人だけと付き合っていく
なんてつぶやくと良い。

嘘でもいい、心がこもってなくてもいいから、呟くこと。

ある本だと「1万回は言え」というから、ヒマな時はひたすら呟いてみそ。

「胡散臭いーこんなのやりたくなーい」という人と、素直にやる人では行動の差が出る。結果的に、現実の差ができる。

ビジネスの世界では「行動の量はめっちゃ重要」とされている。

あのamazonも、小さな行動を鬼たくさん積み上げ、事業のスピードをあげたから、あの成功を得たと創業者が言っている。

いまだにamazonに勝てる企業がいないのは、成長したamazonがいまだに行動量をへらさずスピードも緩めてないからじゃないかと思うの。

一度富んだものには、さらなる富があつまる。
非情だがこれが現実。

いま良い状態にないひとは「行動」をつまないと抜け出せない。

それも現実。

でも「いい言葉をつぶやく」ようなことも、行動としてカウントされるの。

だから難しいことをしなくても良いのだ。

人はだれでも魔法使い。

いい言葉をつかって白魔法をかけられるし

ネガティブな言葉をつかって黒魔法もかけられる。

そして、それは自分にはねかえる。

幸せになりたければ白魔法を

不幸になりたければ黒魔法を使えばいい。

その選択肢は、自分自身。

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)