長沢芦雪展へ行ってきた

ちょっと前に、愛知県立美術館の長沢芦雪展へ行ってきた。

長沢芦雪展

※すでに終わっている展示です

結論:犬カワイイです。

犬の画にスリスリしてズッともふもふもふもふもふもふしたい。

唐子と犬の画なんてマジやばい。可愛すぎ。死ぬ。ご飯三杯いける。

犬は芦雪の師である円山応挙が流行らせ始めたモチーフなんだが、個人的には芦雪のほうが好み。

展示されていた絵の中では、犬、唐子(子供)、蛙、牛、象、美人・観音図、植物、あと頓狂な人の画が好み。

破天荒な絵師という評価らしいが

動より「静」の絵のほうが奥深いものを感じて好き。竹と朝顔とか。

構図がすごい。発想というか着目というか。

富士山と鶴の縦断飛行っぷりとか、象の上の童子の画とか。クジラ?と帆船とか。あれはデザインやってる人にはいいヒントになるなーと。モチーフはよくあるヤツでも、そういうふうな目線からの画はなかったね!みたいな驚き。

やっぱり美しいものは、いいね。


もっと知りたい長沢蘆雪 (アート・ビギナーズ・コレクション)

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする