ご飯を食べられないときは

季節の変わり目か、自律神経のバランス崩れてるひとが多い感じ。

先日も

「胃痛が続いて、みぞおちあたりが重い。食べたりお腹が空くと痛い、眠れない」という人がきた。

病院の薬をのんでも効かないというかんじ。

で、施術。

肝臓と間膜と横隔膜調整したら痛みは取れた。あとは下肢。左足の機能低下が、内臓と交感神経の興奮状態に影響していたみたい。

「食べられない」というのは

無意識の本能的な恐怖をよぶから

そこからも交感神経が緊張していたのかなーと推測。

交感神経優位になると、身体が自己治療モードになれないからねえ。

その患者さんには「プチ断食できて逆にラッキーかも!」という話をしていたら、すとんと肝臓周辺の膜の緊張がとれました。

食べられないときは「プチ断食・デトックスのチャンス!」と捉えればストレスが少なくなるよ!

(((((((((((っ^ω^)っぶーん

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする