共感覚メモ

共感覚は、自分で勝手に育てられる。

共感覚を、自己の記憶保存方法/イメージ法に応用すればいいだけ。

言語化された情報を、非言語情報(画像、音、匂いなど)に変換して、脳内でハイパーリンク化して保持すればいいだけ。

そうすると、情報を引き出したときに、言語化された情報よりも多くの情報量を保有したものがでてくる。

新しいアイデアを生み出すこともできるし、物事を抽象的に、概要的に、俯瞰的にみられるので、リーダーシップを発揮したい人の思考方法としてはうってつけ。