なぜお金に執着してしまうのか理由がわかる本

ずーーーっと避け続けていた苫米地さんの本。
やっと手に取れるようになった。

たぶん、無意識下でなにかが邪魔してたっぽい(笑)

で、読んだのがこれ。「君は1万円札を破れるか?」


君は1万円札を破れるか?〜お金の洗脳を解くと収入が倍増する

自分がお金に執着しているカラクリを明かしてくれて、ハッとしたわ。

「自分に価値がある」とおもえていないのは「お金に価値がある」と思っているから。

お金(紙幣・硬貨)に価値はない。それは幻想。

そもそも今のお金の常識がおかしい(市場や世界情勢でお金の価値がコロコロかわる仕組み)。

お金に価値があると思わされていればいるほど、テレビやメディアに踊らされて「本当に自分がやりたいこと」を忘れさせられ、企業や権力者の奴隷にさせられていること。

・・・というのを、理論的に淡々と書いているよ。オヌヌメ。

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)