感度が……

最近感度がよくなったせいか、患者さんが問診票で記入し忘れた昔の傷とか手術痕の存在を当てられるようになってきた。

先日も患者さんの首を見ていたら何だかおかしいなあ……と思い

「首、なんかやってます?手術とか」と聞いたら

「あ、小さい頃リンパ腺とってました!」と。

首が曲がらない原因は手術痕による可動域の制限と、甲状腺や甲・輪状軟骨周辺の軟部組織の問題と、胸部から頸部にかけての筋肉の緊張と……。

とやったら、首の動かなさが半分とれた。

あとの半分は精神的な問題だったので、心理療法で対処。

患者さんも忘れていることを指摘すると、なんだかゴッドハンドっぽく見えてカッコイイね!(゚∀゚)ウヒョ


ゴッドハンド PN-120 片刃ニッパー


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

a

でもまだまだ上には上がいる恐ろしい世界…それが整体業…(笑)(・∀・)

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)