食べない人たち

食べない人たち (「不食」が人を健康にする)

今年の1月くらいに読んだ本「食べない人たち」。

ご飯や水さえもとらない、いらないという人の本。

そのなかで「人は食べることで暇つぶしをしている」「暇な人ほどよく食べる」とあって衝撃的だったと同時に納得。

このあたり、過食とか拒食のヒントもあるかもねー。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

食は人それぞれ~(・∀・)

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)