卑怯な御朱印帳をもらった。

患者さんから、とっても卑怯な御朱印帳をいただきました。

こちら。

京都市下京区にある寺院「平等寺」。因幡堂、因幡薬師として親しまれています。因幡堂、因幡薬師といえば、がん封じが有名です。

因幡堂(平等寺)さんの御朱印帳。

これはもうねえ・・・鳥好きにはたまらんばい!!!

なぜ鳥なのか。インコなのか文鳥なのか。

HPをみたら

「因幡薬師の無病息災のお守りがインコと文鳥なのはなぜですかとよくご質問をされます。

 お寺は直接インコや文鳥との関わりはございません。」

・・・関係ないんかい!!!!!!

と、突っ込ませつつ、その後に

「きっかけは、子供さんが持っても違和感のない可愛いお守りが欲しいとのお声が有り、ネコやイヌなども含め色々検討した結果、インコのお守りにしました。

病が飛び去るように
幸せが飛んで来るように(in幸)
鳥の、それもインコのお守りにいたしました。」

なんて書かれていて

「クッソ、なかなかいい話じゃねえか・・・」

とオチをつけさせるのも、卑怯(笑)

お寺自体も、がん封じや京都十二薬師霊場のひとつでご利益もありそうだし、歴史があるのもなんか卑怯(←ここまでくるともう言いがかりレベル)。

ということで、いただいた卑怯な御朱印帳をもって、近々因幡堂さんにお参りにいこうと思います。この際だから、京都十二薬師霊場ぜんぶまわろうかしら・・・。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お店に飾っても映えるデザイン。かわいいじゃねえか・・・卑怯・・・(・∀・)

署名
* * * * *
京都の整体院の女性院長によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥整体カイロ院
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする