医者の呪い/呪いは自分で解いて「祝う」

膝痛や腰痛の患者さんが、よく口にする言葉。

「病院に行ったら、ヘルニアができてると言われた」

「膝の軟骨がすり減ってると痛いんだと言われた」

「骨が曲がってるからオカシイと言われた」

・・・・ああ、みなさん。

順調に<医者の呪い>にかかってますねえ。ご愁傷様です Ω\ζ°)チーン

<医者の呪い>とは

骨が曲がっていたり、すり減ったりしている写真を見せられたり

「あなたは一生このままです。治りません」と言われたりして

「自分はもう治らない、痛みがとれない」と、思い込んじゃうこと。

まあ、お医者さんも別に呪いをかけてるつもりはないよ(多分ね・・・)。

ただ、お医者さんの仕事は

「正常」という状態から、あなたがどれだけかけ離れているか?「異常」なのか?

を見つけて示して、適切な対処療法をするものだからね。

(対処療法・・・薬とか手術とか)

だから

「あなたはいま、これだけ悪い状況にいます」

と説明しただけなのに

あなた自身が勝手に

「ああ、もう痛みがとれないんだ・・・」

と早とちりして、自分で勝手に自分を呪っているパターンもあるよね☆

もし、そういう「呪い」をはやく解除したい方は

ウチで解除方法を教えられることもあるし

代替療法とか、色々自分で調べて動いてみればいい。

まあ、患者さんの中には

呪いにかけられたのを、これ幸いとばかり

「悲劇のヒーロー/ヒロインごっこ」にどっぷり浸かって

「こんな病気になって可哀想な私・・・ヨヨヨ・・・」と

やっていたい人もいるから

そういう人は一生やっていればいいしね。

別にいいのよ。どっちでも。

医者に言われたとおり、「一生治らない身体」を引きずって生きるのも

「このやぶ医者が!」と奮起して、治るよう努力するのも

どちらでも、あなたのお好きなよーに(・∀・)


呪怨 終わりの始まり

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

個人的にはめんどくさいので医者いかない派(・∀・)

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)