「びっくりしない」を選択するということ

ある患者さんをみていた時のお話。

立った時の姿勢をみていると(望診)、左肩が下がってねじれた姿勢。左胸部分が圧着したような、妙なバランスで立っている。

色々な検査をした後、「何か最近イヤなことがありましたか?」と聞いてみた。

すると、1週間ほど前にお子さんが目の前でケガをして、とてもビックリされたとのこと。

詳細をお伺いすると、ビックリされても仕方がないような状況。でも命に別状はなく今は元気なのだということで安心。

びっくりした時の感情が、体のエネルギーや流れをブロックしていたようで、それが左胸をまもるようなねじれた姿勢を生み出していたみたい。

人間は、非常にびっくりした時に、息をとめ、呼吸が浅くなる。その結果、様々な体の変化がでてくる。

===

さて、昨夜の熊本の地震、私は驚いたし、皆さんも驚かれたと思います。

でも、あまり驚きすぎたり、怖いニュース、不安になる画像などは見ないほうが懸命です。

テレビでイヤなニュースを見ても人は救えません。自分をより不安にするだけです。

怖い画像、イヤなニュースは消して、まず自分が安定した状態を保つようにしたほうが、いろいろとラクです。

被災された方を助けたいなら、募金をするなりボランティア活動をしたり、落ち着いたら観光にいってその地域の経済がまわるようにすれば良いんです。

イヤなもの、怖いもの、不安にさせるものは見ない、触れないというのも一つの勇気です。

0415

ニュースを見てしんどくなったら、寝て忘れちゃえ。


テレビを見てても、別に事態は良くならないよ。(・∀・)

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする