「良い姿勢」は自分スタイルを見つけるしかない

この道(整体)に進んで、一番むずかしいなあ~と思うこと。

そしてよく患者さんに聞かれること。

それは「良い姿勢」。

* * *

「良い姿勢」って、難しいんですよ。だって、人それぞれだもの

「良い姿勢」の基準を骨の形状、角度に持って行き過ぎると、ちょっと違ってくる(ように思う)。

あのね、性別差、人種差、世代差ありますよ。先天的な要因とかもありますよ。

そういうのを無視して「この骨の形が最強!ベスト!」・・・なんて言われてもねえ。

その人の生活やバックボーンを無視しての「歪みはダメ」「左右対称が神」もアホらしい。そもそも、人間の内蔵の配置が左右【非】対称。多少のゆがみやねじれがでて当然だしね。

「若い女性は骨盤が前傾していて反り腰」という言説もね。すべての若い女性が反り腰なわけではない。

「猫背はだめ」というのもね。日本人はもともと骨盤が後傾していて、一見「猫背」になりやすいという話もある。でもこの一見「猫背」のおかげで、平地が少なく傾斜が多い日本で、様々な重労働を行うことができた・・・という見方もできる。

年を経て変化した骨の形を「ダメ」ととるか「環境への順応」と見るか。歩行や呼吸機能を損なっていないなら、曲がっていてもねじれていても問題ないんじゃないかしら。

「モデルのあの姿勢、歩き方が良い」っていうのもね、あの方達の、撮影のあの瞬間のあの姿勢って、日常生活でもずーーーーーっと維持していける性質のものだっけ?モデルさんって皆さん「健康的な」状態なのかしら?

なーんてね、知れば知るほど、考えれば考える程「良い姿勢」って難しいです。

0113-1

0113-2

院鳥にとっての普通は、人間にとって普通?

他人にとっての良い姿勢は、あなたにとって良い姿勢?


「良い姿勢」を聞かれたら、その方にとって参考になりそうなことはお伝えしてますけどね。ムズかしいねー(・∀・)

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする