首、肩、背中がつらい→横隔膜が怪しい

先日、飛び込みでいらした男性(50代)。

「首や肩がはっている。腰がつらい」という、まあ「よくある」症状、それに男性には珍しい「冷えのぼせ」も訴えられます。

で、ですね、首・肩・背中・腰がはっていたり辛かったり痛かったりしても、大概そこの筋肉は問題がないのでして・・・。

全身色々診ていき、可動性なども確認すると・・・。

横隔膜、怪しくない?

と思い、横隔膜を中心に、鎖骨・肩甲骨、肋骨など「胸郭」を施術しました。もちろん横隔膜なんて「ダイレクト」に触れません。ですので、体にある、横隔膜が反応する「ポイント」を使って施術しますよ。

横隔膜は、女性でいうと「ブラジャーの下」あたりに、胴体を横断するように存在してます。「膜」というから薄いペラっとしたものと思いがちですが、実際に解剖して見ると、その存在感に驚くらしいですよ。

ちなみに、牛だったら「ハラミ」「サガリ」が横隔膜のことです。

施術後、その患者さんに首を左右に動かしてもらうと・・・「あ、首が動く!痛くない」とのこと。

ん?動くってなんだ?と思ってよくよく聞くと

「ここ最近、首がろくに動かず、自転車に乗って左右確認するときも首が回らないので上半身をひねって動かしていた」

そうな。

それは・・・\(^o^)/キケン。

患者さん自身は、「首が動かない」が一番困っていたそうですが、うちの施術で首がいきなり動くようになるとは思っていなかったようです。

冷えのぼせも、良くなるといいな~と思ってますけどね。横隔膜由来の冷えって多いそうですし。

しかし、首が動かない状態というのはツライですよね。

見えない天然コルセットを着けているようなものだもの。

まあ、「首が動かない」のも、何かしらの体の防御反応の結果なので、体を責めたら可哀想ですけどね。

首を固めることで、もっと大事な箇所を守っているはずですから。人間の体って。

とりあえず、たった1回の施術で首が動くようになり、体がラクになったということで良かったです。

最近は、1回の施術で劇的に良くなる人も多くなり、嬉しい限り(・∀・)

代わりに、来院される患者さんの難易度も上がっているので精進あるのみですけどね \(^o^)/ガンバラナイト


施術レベルが上がると患者さんの症状も難しくなる、永遠のイタチごっこ\(^o^)/