甘いモン中毒における傾向と対策

ワタクシ、普段ほとんど甘いものを食べないし欲しないのですが、最近「鶴屋吉信」の「つばらつばら」がなんとなく食べたい。

つばらつばら↓
tsubara
※お店のHPより

求肥入り?なのかムチッとした皮に、上品で自己主張しすぎない餡。こりゃヤバイ。いくらでも食べられる。

しかし、甘さ(砂糖など)というものは依存性、中毒性が高いもの。ついつい近くの鶴屋吉信さんに行って買いたくなる衝動を抑えてガマン。

===
「甘いものは食べないほうがいい」というのは、今やどこでもどんな人でも言及する「信頼性の高いお話」となっています。

しかしなかなか実行が難しい。特に小さいころから甘いものを当たり前に食べ続けてきた人ほど。

(だからこそ「砂糖中毒」なんて揶揄されているくらいですからね)。

なので、当院では下記のように、段階的に減らしていくことをおすすめしています。

◎ジュース、コーラ、甘い炭酸飲料を飲んでいる人

▼ 即刻やめる。スポーツ飲料もNG。
▼ 代わりに果物、もしくは100%のオレンジ、グレープジュースに置き換える。
(できるだけ質の高いものを)

◎間食をする人

▼ ジャンクなスイーツ、オヤツはやめる。
▼ 人工甘味料はさける(この時カロリーは気にしない)。
▼ 原材料を見て添加物が少ないものにする。
▼ 洋菓子よりも和菓子にする。
▼ コンビニお菓子一袋食べるなら、ひとつ200-300円の高価な和菓子(添加物が入っていない)をひとつ、ゆっくり食べて満足する。
▼お菓子よりもフルーツにする

個人的には下記の順で「体に悪い」と考えています。

甘い飲み物(スポーツ飲料含む)>>ジャンクなスイーツ>>人工甘味料入り食品添加物入り洋菓子>>>和菓子>>>フルーツ

面倒だからいちいち理由はかきませんが、
「甘くて消化吸収が早くて、ついでに食品添加物とか歴史が浅い人工甘味料は、より人間の肉体機能を深く傷つける」

という考えを頭の隅に入れておいて下さい。

ま、甘いものを食べたいという欲求は、大脳が騙されているだけです。

甘いもの食べたかったら良い塩なめとけりゃ、欲求はある程度おさまります(笑)

それでも食べたいという方はどうぞご自由にm(__)m

ダイエットや病気のリスクと闘いながらスイーツ・ライフをご堪能くださいm(__)m


ぶっちゃけ。甘いものって人生の無駄だしね(・∀・)