膝を伸ばさなければ痛まない。ロコモ対策の本

こんな本を読みました。

健康で長生きしたけりゃ、膝は伸ばさず歩きなさい。

ヒザが痛くなるなどの運動器症候群「ロコモティブシンドローム」は、歩き方を変えれば改善するよ!という本です。

モデルや欧米人のようにヒザを伸ばして地面を蹴る歩き方でが色々な痛みを引き起こしているよ・・・ということが理論的にかかれています。

著者の木寺先生はナンバ、常歩、武道といった側面から、長年足や歩き方を研究されています。

理論的に知りたい方、「なぜ・どうして」を突き止めたい方、日本人の体にフィットした歩き方を知りたいという方には良いかと思います。

ご参考までにm(__)m


こういう分野を学んでいると、西洋人やアフリカ系の人の「体の使い方」をそのままあてはめても駄目だなーと感じます。

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)