口呼吸を改善する本

こんな本を読みました。

健康でいたければ鼻呼吸にしなさい: あいうべ体操と口テープでカラダがよみがえる!

「口呼吸は悪い、鼻呼吸をしよう」という話はよく言われますが、具体的にどうすれば良いのかを記した本です。

メインの改善策としては「あいうべ体操」「口テープ」が書かれています。

本書には、下記の人は「口呼吸をしている可能性が高い」としています。

・いつも口を開けている
・煙草を吸う
・舌に歯型がついている
・いびきや歯ぎしりする
・朝起きた時、のどが痛い
・口臭が強い
・鼻血がよく出る
・前歯が出っ歯気味
・口を閉じるとアゴに梅干し状の膨らみとシワができる

・・・などなど。

口呼吸を改善すると、アトピー、花粉症、掌蹠膿疱症、リウマチ、インフルエンザ・・・など、幅広い病気・症状に効果的だと書いてあります。

該当するかも?という方は読んでみたら良いかもしれません。

「あいうべ体操」「口テープ」共に、方法は簡単ですよ。


呼吸は生物の基本ですからねえ(・∀・)

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)