メダカの痩せ病

0810-1

先日、メダカが一匹お亡くなりになりました。

原因はメダカの「痩せ病、やせ細り病」と言われているもの。

最初は元気だったけど、徐々に痩せて胴体がぺらっと薄くなり、最後に餌も食べられず死んでしまいます。

参考画像→ メダカ やせ病

この病気、原因はよくわかっておりません。水質が悪いだの、先天的なものだの色々言われてますが・・・。

不思議なのは特定の一匹だけ死んでしまうこと。なので伝染病や環境ではないのでは、と考えています。

今年に入って死んでしまったメダカは4匹なのですが、すべて今年に入って購入したメダカばかり。

去年の卵から増えたメダカは死んでおらず、外部からのメダカのみ滅亡。

既存種があまりにも丈夫なのか、外部種が弱かったのか。

先日なくなった一匹は「楊貴妃」という品種で、大きく愛嬌ある魚だっただけに、ガックリ感が大きかったのですが・・・。

今日、生きている他のメダカが卵を抱いているのを発見。しかも二匹。

なんか、死んだメダカに励まされたような不思議な感じ。

0810-2

命は巡っている。


まだまだメダカブリーダーの道は続く。