【閲覧注意】ウンコはきちんと出しましょう(比喩的な意味で)

今日はこれから「言いたいことは溜め込まずにキチンと言う」というお話。

比喩でウンコを連発しますので、お嫌な方は読まないでください(笑)

===

当院でよくアドバイスする事の一つに、「言いたいことを言う」というのがあります。

言いたいことというのは

・あれがしたい、これがしたい

・それは嫌、やりたくない

・あなたのことが嫌い、好き

というような自分の感情や、やりたいこと。もちろん過去のこと(過去形)でもOK。

当院の患者さんは皆、空気を読み真面目で礼儀正しい。そのため

「あの人嫌い、私はこれやりたくない」なんて死んでも言わなさそうな人たちばかり。

「いえ、私言ってますよ」という患者さんも、よくよく話を聞いてみると「言っていいラインギリギリのことだけ言って、本当に言いたかったこと」は言わないでいる。

言いたいことを言わないのは、いわば「ウンコを溜め込んでる便秘」状態。

そんな人のウンコは宿便なのでなかなかでてこない。

たまに小さいコロッとしたウンコが出てきても、すっきりしない。

スッキリせずイライラするから、その小さなコロコロウンコを他人に投げつけてストレス解消をはかる。

夫とか子供とか嫁とか姑とか会社の人とかママ友とか、に対して。

アラレちゃんかよ!(笑)

・・・なので、「一番言いたい(言いたかったこと)を言う」というのは大事なのです。

その時に注意することは「言うことで事態や状況が良くなることは期待しない」ことです。逆に「悪くなる」こともあるかもしれません。それは誰にもわかりません。

でも、ずっとずっと、宿便がお腹のなかにあったまま、言いたいことを言わないまま過ごしていると、宿便はドンドン腐ります。腐って腐って手遅れになります。

「言いたいことを言う」と、あなたの宿便はスッキリします。状況が良くなろうと悪くなろうとかかわらず。

宿便というのは、ウンコというのは、「我慢して言わなかったこと」だから、それをスッキリだすとあなたの体の調子は色々よくなります。

「言いたいことを我慢しないで言う」のはトイレで大仕事を果たすのと同じで、必要不可欠なデトックス行為なんです。

それと、あくまで「言いたいことを言う」のが大事ですが、その際に相手を評価したりコントロールするようなことは言わないでくださいね。

評価するというのは、相手を「悪い、ダメ、役立たず、クズ」等と決めつけて責める行為です。それをやると宿便キチンとでませんよ。

まあ、言い方にコツが有るといえばあります。毎日便秘ばかりでウンコが上手く出せない、出し方忘れかけてる・・・という方(比喩的な意味で)はご相談ください。

それでは皆様、ウンコはきちんと出しましょう!(比喩的な意味で)


お食事中の方にはご迷惑をお掛けしておりますm(__)m

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする