背中のハリと内臓

DSCN0343

背中がこってる、張っているという患者さんがいらっしゃいます。

肩甲骨から背中、腰にかけてのハリは内蔵の調子が関係している場合が多々あります。

腎臓結石や尿管結石になると腰が痛くなるのは知られていますが、石ができなくても、背中のほうに違和感がでることは珍しくありません。

内蔵が原因の場合、内蔵の動きを調えるポイントを刺激してコントロールしますが、同時に「なぜ内蔵の調子が落ちていたのか」を探り生活習慣の改善をアドバイスします。

内蔵といっても、胃、肝臓、膵臓、腎臓、小腸、大腸・・・と分かれてますし、臓器自体ではない腹膜や括約筋という「門」のような場所がおかしい場合もあります。

その場合、調子が悪いのはどこかを探し、アドバイス(油を控える、甘いものを控える、水分をとるなど)させていただきます。

まだまだ蒸し暑い時期が続きます。内蔵の調子が悪い方は早めに治し、梅雨を乗り切って下さいm(__)m


胃や肝臓の調子が悪い方もおまちしておりますm(__)m

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする