マッサン好きは長野で地ウイスキー工場見学なんていかが?

NHKの連続ドラマ「マッサン」のお陰でウイスキーが盛り上がっているそうです。

マッサンのニッカウイスキー(余市、竹鶴)はもちろん、サントリーの山崎、白州なんかも売れているそうな。

・・・というのを見て、昔飲んだ「長野の地ウイスキー」を思い出してAmazonでポチッとしました。

その名も「マルスウイスキー」の「3&7」。

0519
※グラスはサントリーだけど突っ込まないで下さいw

本坊酒造という会社が長野県の宮田村(南信地方)で蒸留しているウイスキーです。

この会社はウイスキーの他に焼酎やワインも作っています。ワインは「マルスワイン」で、甲信地方では有名かと。

昔、このマルスウイスキーの「駒ケ岳」を飲ませてもらった記憶があるのですが、美味かったなあ・・・。

長野の隠れ観光名所

さて、マルスウイスキーの蒸留所があるこの周辺地域(長野県の伊那地方)は、他にも日本酒や地ビールの蔵が集まる酒の名所だったりします。

日本酒だけでも蔵がこんなにあります→ 有名ドコは小野酒造の「夜明け前」でしょうか?

ちなみに私のおすすめは信濃錦の「斬九郎」これ一択!世界で一番美味しい日本酒という偏見でもって愛しています。
090815_2049~0001
↑写真左が斬九郎。右が小野酒造の「夜明け前」。こっちも美味いんですけどね。

また、宮田村では地ビールも作っています。その名も「南信州ビール」。

実は「マルスウイスキー」の工場内に醸造所があります。本坊酒造やその他の会社が出資して作ったビールのようです。

で、直営のビール工房「味わい工房」があって、この南信州ビールと一緒に、ハムやソーセージ、ピザが食べられるレストランがあります。とっても美味しいんだそうです・・・。でも行ったことがないんです・・・。
(酒のんで運転できないから行くチャンスがなかった)

ということで、ビールと日本酒とウイスキーを作っているこの伊那地方。地ウイスキーと地ビールの工場見学もできますし、日本酒なら「井の頭」の漆戸醸造さんでも見学できるようです。ので、関東などお近くの方は遊びに行くと楽しいですよ。

酒ばっかりじゃあ・・・という方は、中央アルプスの最高峰「駒ケ岳(木曽駒ヶ岳)」にある千畳敷カールの遊歩道で、高山植物を楽しむなんてこともできます。

駒ケ岳の近くには「早太郎温泉」がありますし、蕎麦好きな方は「高遠そば」「行者そば」などの独特な田舎そばを楽しんでもいいのでは。

また、ビジネスパーソンなあなたなら「年輪経営」で知られる伊那食品工業の「かんてんぱぱガーデン」に行かれてみてはいかがでしょう?優れた経営の一端を学べることができる(かもしれない)し、ご家族でも案外楽しめます(実は関東からの来訪者も多いんです)。

中央アルプス最高峰である駒ケ岳(木曽駒ヶ岳)が眼前のそびえるこの周辺。水と空気がとっても綺麗です。

派手な観光地ではありませんが、確実に心身ともにリフレッシュできると思いますよ。


あ、あとゼロ磁場もあるのでパワースポット好きな方もぜひ(笑)