異国情緒ただよう禅宗総本山「萬福寺」に行ってきた

宇治にある「黄檗山 萬福寺」に行ってきました。

DSCN0185

この日は太陽のまわりに光輪が見えました。あな珍しや。

DSCN0190

萬福寺は、1661年中国より来日した隠元禅師によりひらかれたお寺です。

臨済宗、曹洞宗とともに「黄檗宗(おうばくしゅう)」という禅宗の一派の大本山です。

隠元禅師にもたらされた中国・明朝様式により、日本の禅寺とは少し雰囲の違う異国情緒を感じます。

DSCN0200

DSCN0202

DSCN0198

DSCN0214

日曜日なのに観光客が少なく静か。

まったり。

季節外れなウグイスの声が響き渡る寺のなか。

DSCN0218

大きく艶々な蟻さんが忙しそうに歩いてました。平和。

DSCN0209

ドン。

DSCN0206

ドドン。

DSCN0205

このお魚は「開ぱん」という木魚のご先祖様。

いつ何時も目を閉じない魚の「不眠不休さ」を見習ってしっかり修行に励もうぜ!という存在です。

萬福寺のアイドル的存在(?)でもあります。

DSCN0225

そういえば萬福寺は「都七福神」のひとつでもあります

布袋様は中国では弥勒菩薩の化身。ありがたい存在なのです。

あと、写真にはとれませんでしたが、本堂である「大雄寶殿(だいおうほんでん)」の釈迦如来像や十八羅漢像は圧巻でした。

羅漢像のなかの「羅睺羅(ラゴラ、ラーフラ)」像は釈迦の実子。実はラゴラは顔が不細工で「お釈迦様と顔が似てないよね~」と周囲から言われたそうです。その時に「顔は似てなくても心は仏」と言って、自分で胸をパッカーンとひらきその心を示した・・・という逸話そのままの姿で、かなり衝撃的でした。

興味のある人はググッてみてください(トラウマになっても責任は持ちません)。

おまけ:蓮の品種名が凄かった

寺の中には沢山の蓮の鉢がおいてあるのですが、その品種名が突っ込みどころ満載過ぎでして・・・。

DSCN0240

「ヘリ基地」

・・・ヘリが停まっちゃうの?そうなの?

DSCN0243

「国道24号」

なぜに国道名・・・と思って調べたら京都-奈良をつなぐ重要な道だから?

DSCN0245

「にぎりめし」

あんまりな名付けで不憫(==)

DSCN0248

DSCN0249

「蓮にあらず」って、蓮でしょーがどうみても!!!!

DSCN0251

そして更に「柳」って!だから蓮だから!柳じゃないから!

禅問答的な深い深い意味が隠されているのでしょうか・・・。

せっかくの清らかなお寺の雰囲気をぶち壊して、蓮の前で笑いこけていた中年オバサンはワタクシです・・・スミマセン・・・。


面白いものに突っ込まずにいられないので今に仏罰が下ると思います(=.=)