物忘れや高血圧・肥満にも効果的。良い睡眠をするには?

dbedd88f820acd03e1493f3f5465d8de_s

みんなの家庭の医学(5月12日放送)を見ました。今回は「新発見!名医が教える認知症予防の睡眠法SP」でした。

みんなの家庭の医学

物忘れが激しいのは睡眠のせい?

物忘れや記憶力の低下の一つに「睡眠が関係しているのではないか」とされています。

私達の脳は寝ている時、記憶の整理をします。その日の記憶は海馬に蓄積されますが、寝ている間に必要か不要かをみきわめ整理整頓されるというわけです。

しかし、十分な睡眠(=良質な睡眠)を取っていない場合、その整理整頓はうまくな出来ません。

そうすると脳は「整理整頓ができていないタンス」状態になります。必要な服(=記憶)がすぐに取り出せない状態です。

そのため物忘れや記憶力低下を心配されている方は、睡眠の質を良くするように心がけるとと良いように思います。

具体的にどうすればいいの?

今回は「深部体温」に着目していました。

私達は夜寝る前になると「深部体温」が下がり始めます。「深部」というだけあって、体温計では測れない、体の中(内臓など)の体温です。

深部体温は約37.5度が正常とされております。眠る前から下がり始め、最低1度(=約36.5度まで)さがります。

この「深部体温の低下」がうまくいかない方・・・例えば夜中に深部体温が上昇傾向に切り替わってしまう方などは、良質な睡眠が得られません。

そこで番組では下記2点を推奨しておりました。

朝の散歩をする

朝、20分以上の散歩をしてください。

きちんと太陽の光を浴びると15-16時間後に深部体温をさげるメラトニンが分泌されます。例えば朝8時に散歩をすれば、夜11時にメラトニンが分泌される計算です。

メラトニンがキチンと分泌されれば、深部体温がきちんと最低体温までさがることができ、脳の整理整頓が行われるのです。

また朝の散歩で睡眠物質ウリジンの分泌を促進し、より睡眠の質を良くします。

お風呂につかる

寝る2時間前に約40℃のお湯に10分浸かって下さい。

この条件でお湯に浸かると、湯上がりに深部体温が急激にさがります。

下がり調子でそのまま寝ると質の良い睡眠になりやすいです。

まとめ

睡眠の質が下がると、先述した物忘れや記憶力低下の他に、肥満や高血圧も誘引します。

「良い睡眠」はなかなか難しい問題ですが、朝の散歩とお風呂で解決するのであれば良いですね。

以上、ご参考になさって下さいm(__)m

署名
* * * * *
京都の整体院の女性院長によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする