腰痛や坐骨神経痛を自分でラクにしたい人へ

以前「ターザンという雑誌で自分で腰痛を治す特集をやってるよ」という記事を書きました。

(→肩こり腰痛は「550円」で自分で治せる?!ターザンのトリガーポイント特集

その後、患者さんから「自分でもっと勉強してみたい」という声を頂いたので、もうすこし専門的なトリガーポイントの本を紹介してみます。

 

「誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方」(左)と
「誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 【腰痛】」(右)。

分かりやすいトリガーポイント専門書

専門家(整体師、理学療法士、マッサージ師など)の勉強にも使われる本です。両書の著者は異なりますが、日本語版での監修・訳者として大谷 素明D.C.という著名なカイロプラクティックの先生が関わっておられます。

これらの本は「専門書、技術書」にあたるので、文章量はあります。でもこの手の本にしてはイラストが多く分かりやすい。専門用語(筋肉の名前など)もありますが、日本語自体が平易で、漢字の字面を見ればなんとなく意味が分かります。

0511

Amazonのレビューを見ても、結構一般の方が購入されているようですね。

多分、理屈や理論を知りたい方や、スポーツ関連の趣味やお仕事をされている方なら手応えがあり挑みがいのある書籍ではないかと思います。

「誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 【腰痛】」のほうは、腰痛・坐骨神経痛に特化している本ですので、腰から足にかけての痛みやしびれがひどい方はそちらのほうが良いかもしれません。

1冊4,000円から5,000円と高額に思えますが、専門書としては安い方ですのでそこは我慢して頂ければと(笑)(専門書は、普通に1冊1万円以上の本がザラザラにありますからね)

いきなり買うのはちょっと・・・、という方は、まずは図書館で探して読んでみるというのもアリかと思います。

最後に

実際に、整体師は筋肉やトリガーポイントだけで体のことをみておりませんし、それだけで改善する訳ではありません。残念ながらこの本は、すべての人の腰痛・坐骨神経に効果がある「特効薬」にはなりません。

ただ、もしトリガーポイントが主要な原因であり、不幸にもそれが解消できていないがために、つらい症状を抱えている場合は助けになってくれると思います。

以上、皆様のご参考になれば幸いです m(__)m


「トリガーポイント」の概念や療法はプロの間で幅広く使われていますよ(`・ω・)b