もう一つの骨盤 「肩甲骨+鎖骨」の話

ダイエットや美容や健康のお話をすると、まず出てくる「骨盤」。

骨盤ゆるめ、骨盤矯正、骨盤ダイエット、骨盤のゆがみ、骨盤やせ、骨盤力・・・。色々な言葉がありますよね。

特に女性にとって骨盤といえばとても大事な場所。子宮や卵巣があり、生理、妊娠・出産に関わる重要なところです。

でも、人間のからだにはもう一ヶ所「骨盤」に近い場所があるんです。

それは、「肩甲骨+鎖骨」

0317
左=「肩甲骨+鎖骨」と手 右=「骨盤(寛骨)」と足 (プロメテウス 解剖学アトラス 解剖学総論/運動器編より)

解剖学的、発生学的にいえば、骨盤は「後足」を支える部分。前足は肩甲骨+鎖骨が前足(手)の接続部分となります。

骨盤は「体の土台」なんて言われますが、肩甲骨+鎖骨も土台となる場所首や顔、頭、そして脳を支える体の要所です。頭から胸にかけての血液やリンパの流れ、呼吸、神経の働きにも多くの影響をおよぼしうる部位です。

「私の骨盤、ゆがんでますか?」と聞く人はいても「私の肩甲骨や鎖骨、ゆがんでますか?」と聞く人はいません。それほどこの考え方は一般的に広まっていませんが、肩甲骨+鎖骨はとても大事な場所です。

最近は、デスクワークや運動不足の方も多く、この肩甲骨+鎖骨や胸まわりが歪んだり、左右差が大きいかたもよく見かけます。肩こりや四十肩、五十肩、腕の痛みやしびれにも関係しているのでは?と思える患者さんも多くいらっしゃいます。

腰にある「骨盤」も大切ですが、首元にある”骨盤”にも注意して、日頃からケアをしてくださいね。ご相談も受け付けていますm(__)m


結構鎖骨が1cmちかくずれてるひとも多いです。第二の骨盤ケアもお忘れなく( ・ω・)ノ

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)