ラストラン間近。トワイライトエクスプレスを見てきた。

3月12日に最終運行をおこなう「トワイライトエクスプレス」を見てきました。

photo_01
JR西日本「ぽっぽさんの写真館」より

上品さとタフさを併せ持つ寝台特急

実はトワイライトエクスプレス、京都駅では昼の12時台に「大阪発」と「札幌発」が両方発着するので、短時間で2回見れてとってもお得。

千鳥整体師自身、電車や鉄道は乗るのも見るのも好きだけど、いわゆる「鉄」とはおこがましくて言えないレベル。

なんですが、先日福井の「ぬこでら」に行った時に、偶然福井の武生駅陸橋から、走り抜けるトワイライトエクスプレスを見ちゃったんですよ。その時の印象が衝撃的で。

例えるなら阪急電車のようなレトロで上品な雰囲気と、峻厳さをあわせもっているという感じの車両だったんですよ。

考えてみたら、大阪-札幌間という超長距離を運行するんですもの。しかも北海道はこの季節、寒さと雪と風で物凄いことになっているはず。そのなかを駆け抜けていくんですもんねえ。

そうなると間近で実物を見たくなりまして・・・。で、先日生まれて初めて電車を見るためだけに入場券を購入したのでした。

0番線ホームにて

実はこの日、札幌発の便が天候不良のため200分以上遅れていたそうで、二本同時に見ることができなかったのです・・・(シクシク)。なので今回は大阪発、京都駅12時25分着の便を見てきました。

2

電光掲示板。

1

「寝台車」という表示が何ともいいですねえ。

3

ホームで待っていると、遠くにその姿が・・・!

4

来た!

5

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

7

ホームに滑りこむ!

8

車両の最後尾。テールランプ?は四角なんですね。

9

側面にあるマーク。レトロで良い感じ。

10

停車時間は1分位しかないため、駅員さんは慌ただしそう。

11

そして京都を出発。

12

あっという間に見えなくなりました。これから長いながい距離、札幌にむけてひた走ります。

* * *

停車時間がとても短いためあっという間でしたが、実物に会うのはやはりいいものです。

ちなみにトワイライトエクスプレス、引退後も団体専用臨時列車として活躍する可能性もあるそうです。

最後の京都駅到着は来週木曜日、3月12日。ちょうど店が休みのため見に行けるのですが、電車の最終運行時は「葬式鉄」と呼ばれる鉄道ファンがつめかけ大変混雑するそうです・・・。

押し合いの中見るのも興ざめですし、なにより当のトワイライトエクスプレスの車掌さんや乗務員さんにも迷惑をかけてしまうのも嫌なので、ラストランには行かないようにしようかなあと考えています。

ほどほどに電車好きな方は、それまでに見ておいたほうがいいですよ~。