加湿器でインフルエンザ予防-マツコの知らない世界(1月20日放送)

「マツコの知らない世界」というテレビ番組で加湿器特集をみました。
室内の湿度が50%以上になるとインフルエンザになりにくという加湿器。これからの時期には良いですね。

今回の案内人は藤山哲人(家電ライター)さんという方。インプレスの「家電watch」で『藤山哲人の実践! 家電ラボ』という記事も書かれています。

<番組内容はこちら>
【最新加湿器の世界】1年で一番乾燥すると言われる2月。今夜は今だからこそ買うべき「加湿器の世界」
▼最新製品にマツコも唸る!そしてマツコが買った加湿器の仰天情報にマツコが本気で激怒!
▼(秘)お手入れテク&部屋での正しい置き場所も公開

加湿器の種類

・超音波式 ・スチーム式 ・気化式、ハイブリッド式

と種類があります。

テレビ画像

蒸気の特徴は下記の通り↓

・超音波式:蒸気が目に見える(冷たい蒸気)
・スチーム式:あたたかい蒸気
・ハイブリッド式、気化式:蒸気が出ない

加湿力の強さと電気代は比例します。電気代が安いと加湿力も弱いというのが大雑把な傾向です。またお手入れをしないとカビ菌が飛んじゃう(加湿器内がカビにとって「イイ感じ」だから)ので、自分の性格・状況にあわせて掃除の頻度・有無を考えることも重要です。

下記に加湿器の種類ごとに説明していきます。

スチーム式 -ずぼらな人にはコレ

スチーム式は蒸気が熱いのでカビが繁殖しにくい。ただし電気代高く、小さなお子さんには危ないかもしれません。

◎藤山さんのおすすめスチーム式加湿器
roomist(三菱重工)→HPはこちら

・スチーム式だけど蒸気が熱くない
・1分で蒸気を素早く生成し加湿する

超音波式 -コンパクトでお手軽

超音波で毎秒2万回も水を揺らし気化させる。値段が安く、コンパクトなので仕事場に使える(PCのUSB電源を使える)。仕事場のOLさんが使っているのもこのタイプが多い。

ただし、お手入れが頻繁に必要なのがネック。振動する部分の汚れ(カビ)をおとす必要があります(40℃のお湯で洗うと更に良い)。また完全に一度キッチリ乾かして、カビを死滅させたほうが良いです。

◎藤山さんのおすすめ超音波式加湿器
cado

カビが出にくく、加湿力が高い。蒸気のでる位置が高いので、近くの物が濡れにくい(蒸気が霧状なので)。アロマディフューザー代わりになる機能もあるようです。

気化式、ハイブリッド式 -最初に買うならこれ

居間に1台など、最初に買うならこのタイプがおすすめ。
蒸気が熱くないのでちいさなお子さんにも安全。大手メーカーも出してるのでどこでも買えるし修理がラク。
・気化式:冷風で湿気を飛ばす。電気代は安い
・ハイブリッド式:気化式の仕組みに温風も使っている。気化式よりも電気代は高いが加湿力が高い

◎藤山さんのおすすめ気化式・ハイブリッド式加湿器
HD-RX514(ダイニチ工業)

・電気代も安く、運転音が静か

FE-KXK05(パナソニック)

・電気代が安く、加湿力も高い

モテる?オシャレな加湿器

加湿器は11-12月に出し始め3月くらいまでと長期間使うので、室内のインテリアとしてデザインがどんどん洗練されているんだとか。

◎藤山さんのおすすめなオシャレ加湿器
Rain(BALMUDA:バルミューダ)

・水をいれるのがラク。また、水をいれる時の音がキレイ
・お手入れが簡単。月1回くらいでOK

加湿器を使うときの注意

水道水を使うこと!

塩素が入った水道水でやること。ミネラルウォーターはだめ。
使用する水に「塩素」が入っていないと、水自体が腐ってしまうから。「加湿器病」のもとにもなるので注意!

加湿器のベストな置き場所

★エアコンの直下に置くのがGood★
→あがった水蒸気をエアコンの風がまいてくれるので効率よく加湿できる
(エアコンが稼働している場合)
・部屋の真ん中に置くというのはまあまあ良いんだそうです。

<ダメな置き場所>
・エアコンの風が直接あたるところはダメ
→エアコンの風で加湿器のセンサーがうまく作動しない

・テレビなどの電化製品近くもダメ
→電化製品に水蒸気がついてしまうため

・窓際はだめ
→結露してしまうため

===
以上、風邪やインフルエンザ予防のためにもご参考になさって下さいm(__)m
(掃除はちゃんとやらないとダメダメ~みたいですよ~)


私はマスクで自分自身を加湿・・・。