笑おう!免疫力を上げるため - 駆け込みドクター! (1月18日放送)

「駆け込みドクター!免疫力を高めるコツ」というテレビ番組を見ました。

駆け込みドクター画像

↓放送内容はこちら

■免疫力を学ぶ!  □免疫にまつわるウソ・ホント
■笑うと免疫力が上がるかを検証  □免疫力が上がる料理
免疫力についてのウソ・ホントを最強医師軍団が徹底解説!!

笑って免疫力をあげよう!

今回の一番大切だなと思った点は「笑うと免疫力があがる」ということです。

番組内で、「ラフターヨガ」(笑いヨガ)という、ただただひたすら笑うというエクササイズで、どれだけ免疫力があがるか?という実験が行われました。

ラフターヨガ(NPO法人ラフターヨガジャパン)

この「ラフターヨガ」で1時間ひたすら笑ったあと、血液検査を行うと、笑う前より「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」の活性が3%上がっていました。

ナチュラルキラー細胞とは、もともと一人ひとりの体に備わっている免疫力です。常日頃から体内をパトロールし、怪しいウイルスやガン細胞を発見したら攻撃します。そのため、活性があがるとそれだけ風邪やインフルエンザだけではなく、ガンにもかかりにくくなると言えます。

大きな仕事のあとは免疫力が下がる?

また、番組内では「大きな仕事のあとは免疫力が下がる」と放送されていました。

これは千鳥も経験的にそう感じています。肉体・精神的に落ち込む方のきっかけは、仕事やプライベートでの「大きな出来事」のあとに起こりやすいことが、患者さんのお話を聞いているとわかります。親しい方の死や、親戚間の争いなどネガティブなことはもちろん、仕事で昇進する、大きなプロジェクトに抜擢されるという「良いこと」のあとにも起こります。

「大きな出来事」のあと、2-3ヶ月後に体調を悪くする方もいらっしゃいましたので、何かビッグイベントがあった後は注意が必要です。

対策は?

基本的なことですが、規則正しい生活と食生活の改善です。

レタス、白菜、小松菜などの野菜も免疫力アップに貢献するので、それらを取り入れた料理を多用するといいかもしれません。

また先にあげた「笑う」機会を増やすのも良いでしょう。お笑いのTV番組、DVD、面白い映画やマンガなどを読んで、できるだけ笑う機会を増やし、天然の免疫力を上げましょう。

注射や薬の力もありますが、できるだけ自分で自分の免疫力をあげる方法を覚えられていたほうが良いかと思いますm(__)m


テレビ番組はお笑いしか見ない私は勝ち組 (`・ω・´)キリッ