『傷はぜったい消毒するな』

以前、「中指を切って湿潤療法用の絆創膏をはったら痛みも少なくなって快適」という記事をかきました。
140912.png

千鳥整体漫録 -セレブじゃない

その頃は、この「湿潤療法」の原理、メカニズムを分からずにやっていたのですが
最近になって、詳しく書かれている本を見つけました。
その名も「傷はぜったい消毒するな」です。

1) 傷口を消毒しない著者の夏井先生は東北大学医学部出身の現役のお医者さん。形成外科が専門のようです。
夏井先生曰く、傷を治すには

1) 傷口を消毒しない
2) 乾かさない

の2点が大事!とおっしゃってます。
子供の頃から「傷口はきれいに洗ってから消毒して乾かすこと!」と、家でも学校でも教わって実践した千鳥しては、最初「なんでだー?」と思いました。
ですが、こういう理由があったのです。

1) 傷口を消毒しない理由
→消毒液が細菌のタンパク質を壊す(=細菌をを殺す)際に、同時に人間の細胞のタンパク質も壊す(=傷を治りにくくしている)から

2) 乾かさない理由
→ケガをした時に出てくるジュクジュクとした液体(湿潤液)は、実は皮膚の細胞を活性化→新生する成分が沢山入っているから、湿潤液で傷口を覆ったほうが早く治る

なるほど。そうだったんですね!

この本には、もっと細かく皮膚再生のメカニズムや、「なぜ消毒して乾かすことが良いとされてきたか」というお話、はては「医学・大学病院の功罪」といったことにまで話が及びます。
傷の治し方だけ求めている人には、余計なことがダラダラ書かれていて退屈・・・と思われるかもしれませんが、ちょっとダークな話題や、物事の仕組み・背景を知るのが好きな方には面白いかもしれません。
この夏井先生は、インターネットのサイト上でも色々な情報を無料で公開されております。
「ちょっと興味があるな~」という方にはおすすめします(ちょっとサイトが重いので、携帯だときついかもしれません・・・)。

↓夏井先生のサイト

新しい創傷治療 「消毒とガーゼ」の撲滅を目指して

※アトピーや湿疹、床ずれ(褥創:じょくそう)についても情報があります。

どうぞご参考になさってくださいm(__)m

早速「ズイコウパッド」というものをかって自分に人体実験中♪

腰痛・頭痛・肩コリ・手足の痛みシビレ・自律神経失調症など対応。無料相談いたします 京都千本出水 千鳥整体カイロ院
整体・カイロプラクティックを学べる JN整体スクール

LINEで送る場合はこちら

署名
* * * * *
京都の女性整体師によるアレコレ。心、感情、意識、観念を変えることで、体の不調や人生も変わるということを色々書いています。
★プロフィール→こちら
★千鳥のやりたいこと→こちら
★整体院HP→千鳥心理整体(旧:千鳥整体カイロ院)
★メールは→こちら
* * * * *

シェアする