風邪のひき方

風邪の効用 (ちくま文庫) 風邪の効用 (ちくま文庫)
(2003/02)
野口 晴哉

商品詳細を見る


最近、寒かったり暑かったりと寒暖差が激しく、体調維持が難しい時期となってきました。
そんななか、「風邪」についてのトピックをひとつ。
===
「野口整体」という有名な整体法があります。
創始者の野口晴哉先生は、「風邪の効用」という本を残されているのですが、なかなか興味深いことが書かれています。
一例として・・・「どうして風邪をひくのか」についての理由として、下記のような事を挙げられています。
*「あ、寒い!」というように「ハッ」とすると風邪をひく
*「風邪が流行っている」ということを聞くと、「自分も風邪をひいてしまう」と思い込み、結果本当にひく
その対処として「腹に力をいれ、ハッとしないようにする」「周囲の流されず妙に風邪を用心しすぎない」などを述べられています。
たしかに、精神的なことが風邪の発症に関わるというのは大いにありえますね。
野口先生ご自身は
「風邪は人間の偏りをただし、弾性のなくなった体に再び弾性をとりもどすものだから、治すのではなく、うまく風邪をひく・経過させることを心がけなさい」
という旨を書き、そのコツについて本に色々と書かれてらっしゃいます。
病院に行くことや薬を飲むこと以外にも、風邪をひかない・ひいても早く改善させるヒントが隠れています。
整体や医学に詳しくない方でも読めるように書かれておりますので、ご興味がある方は「こういう考え方もあるんだな」という参考としてどうぞ。

野口先生の本は、他にも面白いものがありますよ~。

腰痛・頭痛・肩コリ・手足の痛みシビレ・自律神経失調症など対応。無料相談いたします 京都千本出水 千鳥整体カイロ院
整体・カイロプラクティックを学べる JN整体スクール

LINEで送る場合はこちら