お手軽な脳梗塞検査

0520.jpg

今日はお家でできる脳梗塞の検査方法をご紹介。

ごくごく初期の脳梗塞など起こすと、MRIなどの画像診断でも見つけにくいものです。そこでお医者さん(救急外科など)は下記のようなテストを行って、ごく僅かなマヒ(=脳の異常)がないかを見ています。

それが「バレー徴候(上肢)」と「ミンガッチーニ試験」で、上の図になります。

●バレー徴候(上肢)の場合、目をつぶって手のひらを上にして、肩の高さにあげておきます。脳などに異常があれば、手の平内向きになって、スーッと下がってきます。

●ミンガッチーニ試験の場合、仰向けになってお尻~太腿と、ヒザを直角にして寝ます。マヒがあればどちらかの足がゆっくりと落ちていきます。
※ちなみにネタ元はこちら↓ 本物のお医者さんが書いた脳・神経検査に関する本です。

ねじ子の ぐっとくる脳と神経のみかた

ちょっと専門的ではありますが、こういうのに興味がある方、「お医者さんの検査ってなにしてるんだろ?」と不思議に思われている方にはいいかも?
何かの時に役に立つかも?まあ、そういう場面に出くわさないのが一番ですが・・・(^^;

腰痛・頭痛・肩コリ・手足の痛みシビレ・自律神経失調症など対応。無料相談いたします 京都千本出水 千鳥整体カイロ院

この記事をシェア

この記事をフォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)