へっぴり腰の理由(2)


昨日のへっぴり腰の理由(1)の続きです。
20130604.jpg
20130604-2.jpg
結局、噛まれたり引っ掻かれたりすることはなく、ケガと言えば押し倒された時にできた擦り傷のみでした。
「走って逃げるのはダメ」というのは知っていたのですが、自分の体格よりも大きいピレネー犬?(のような犬)が追いかけてくるのを見て、つい反射的に走って逃げてしまったんですよね。反省……。
自分の感覚的には、20秒間ほど犬に馬乗りされていたのですが、それで噛まれていないという事は、向こうは「遊んでほしい、遊んでくれる」と思っていたのでしょうね。犬の口のすぐ側に、私の首筋があったのに噛まれなかったので。ただ、当時の自分としては失神レベルの恐怖体験でした。
それなので、どんなに小さい犬でも、未だに触るときにドキドキします。たまに夜、リードをしないで小型犬を散歩されている方と鉢会いますが、私にとってはドラゴンボール並みに試練です(←わかりにくい例え)。
でも、これからも他人に頭を撫でさせてくれる度量の広い優しい犬には、果敢に触っていこうと思います!

ハードと言いつつ、あまりハードじゃなかった気がする。。。

腰痛・頭痛・肩コリ・手足の痛みシビレ・自律神経失調症など対応。無料相談いたします 京都千本出水 千鳥整体カイロ院
整体・カイロプラクティックを学べる JN整体スクール

LINEで送る場合はこちら

コメント

  1. はらぼ縲鰀 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    弱みを発見した縲鰀(・∀・)

  2. 千鳥整体師 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >はらぼーさん
    もし犬をけしかけてきたら、私が好きな虫や両生類(蜘蛛とかミミズとかカエルとかトカゲとかヘビとか)をたくさんプレゼントしちゃいます(・ω<)☆